今更聞けないスキンケアの順番。美容オイルはいつ使う?乾燥肌には要注意!

最近は、美容オイルを使ったスキンケアをしている人が増えています。

美容オイルは、美容液の代わりとして使われることも多いですが、フェイスマッサージなどにも使える、とても便利なものです。

上手に使えば、とても大きな美肌効果が期待できるので、ぜひ取り入れたいスキンケアアイテムです。

ですが、そのためには適切な順番を知っておくことが大切。

そこで今回は、毎日のスキンケアの中で、いつオイルを使えばいいのか、その順番についてお話していきましょう。

まずは予備知識として、どのような美容オイルがあるのか、その種類から見ていきますね。

スポンサードリンク

オイル美容とは?

オイル美容は、植物から抽出したオイルを使ったスキンケアのことをいいます。

お肌には油分も必要ですから、美容オイルはお肌の水分保持を助け、潤いにつながります。また、肌なじみも良いです。

それに加えて、植物オイルの栄養を摂れることも、オイル美容の魅力です。

それによって、下記のような美肌効果が期待できます。

・肌バランスを整える
・お肌の水分保持
・皮脂*1の分泌を抑える
・バリア機能を高める
・新陳代謝が上がり、免疫力を高める
・毛穴の汚れや余分な角質*2の除去
など

洗顔で毛穴の黒ずみを治そう!毛穴の開きには化粧水にもこだわって!

*1 編集部:皮脂は毛穴から分泌されている油分で、汗(水分)と混ざり合って天然クリーム(皮脂膜)を作り、お肌を保護しています。

*2 編集部:角質は、お肌の表面の古い肌細胞のことをいいます。

引用:キレイの先生

スポンサードリンク

オイルの種類

一般的に、よく使われている美容オイルは次の5つです。

1ホホバオイル
2アルガンオイル 
3椿オイル
4ココナッツオイル
5マカダミアナッツオイル

それぞれに特色があり、肌との相性もあるので、しっくり来るものを見つけるのが一番ですが、比較的誰にも合いやすいと言われているのはホホバオイルです。

ホホバオイルは人の皮脂膜と構造が似ているので、最初に試すのであれば、これが良いでしょう。

どのオイルも、様々なサイズのものが出ていますから、まずは一番小さいもので試してみるといいですね。

美容オイルの使い方

<1>通常のお手入れの最後に使う
例えば、化粧水→美容液→オイル1~3滴の順。これで保湿力が足りなければジェルなどをプラスするといいですね。

<2>洗顔後にすぐ使う
この場合は、オイル1~3滴→化粧水→美容液の順。オイルが化粧水を弾いてしまわないかと心配される方もいらっしゃいますが、実はその逆。肌が乾燥してごわごわ固くなっている時にこそ、オイルを一番最初に使うことで肌の最表層(角質細胞層)の細胞間を埋めてくれて、見違えるように柔らかくなり、その後に塗る化粧水の浸透を助けてくれます。いわゆるブースターとしての役割を担ってくれる、とっても頼もしい味方。

<3>化粧水の後に使う
化粧水→オイル1~3滴→美容液の順。化粧水の水分が少し肌に残っている状態でオイルを重ねるとなじみが良くなります。

<4>化粧水や美容液に混ぜて使う
手持ちのスキンケアの保湿力をオーダーメイド感覚でアップすることができます。化粧水や美容液を手のひらに出し、オイル1~2滴を加え、手のひらで混ぜ合わせてから顔全体になじませます。オイルのベタつきが苦手な方におすすめです。また、特に乾燥肌の方はリキッドファンデーションにも混ぜてみることで日中の化粧もちが良くなります。

<5>お顔のマッサージに使う
週に1回くらいのスペシャルケアとして、お風呂に入りながら行うと良いでしょう。洗顔→(お風呂のなか)オイルマッサージ→(お風呂上がり)化粧水→美容液の順です。疲れていたお肌もたちまちしっとり艶やかに変身して感動するはず。肌に摩擦が起きないように、オイルをたっぷりと使うのがポイントです。マッサージ後は蒸しタオルを顔におき、ホットパックを行うと成分の浸透を助てくれます。オイルは拭き取らなくてかまいません。

大きく分けるとこのような使い方になりますが、ここからはさらに、
肌タイプごとにこれら組み合わせたスキンケア方法をご紹介していきます。

引用:賢く健康美肌になる方法

スポンサードリンク

あなたにぴったりの美容オイル取り入れ方がわかる!肌タイプごとのスキンケア手順

■ 乾燥肌…(水分)少ない &(皮脂量)少ない
かさつきやすく、乾燥しやすい状態で肌荒れしやすい方は、
<4>:化粧水にオイルを3滴混ぜて塗る → <1>:お手入れの最後に再び1~2滴オイル
※週に1回、<5>:オイルマッサージ も取り入れましょう。
その場合(お風呂上がり)のスキンケアには、基本的にオイルは不要ですが、もし保湿力が足りなければお手入れの最後にオイル1滴を塗ってみて下さい。

■ インナードライ肌…(水分)少ない &(皮脂量)多い

混合肌もここに入ると思ってください。

→関連記事:インナードライを改善するスキンケア方法はこれだ!おすすめ化粧水を紹介♪

脂っぽいのに同時にかさつきやすい状態でニキビになりやすい方は、
<2>:洗顔後すぐオイル2滴→化粧水を塗る → <4>:化粧水にオイルを1滴混ぜて塗る → 美容液を塗る
角質層のすき間をオイルで埋めてからに化粧水を重ねることで、角質層の保水能力がアップし、過剰な皮脂分泌を抑えられますし、表面のベタつきも残りにくい方法です
※秋冬の乾燥期は週に1回<5>:オイルマッサージも取り入れましょう。
その場合(お風呂上がり)のスキンケアには、基本的にオイルは不要です。

■ 脂性肌…(水分)多い &(皮脂量)多い
潤いはあるが、ベタつきやすい状態で化粧崩れしやすい方は、
<3>:化粧水のあとに1滴を顔全体に薄く伸ばす油分の少ない美容液もしくは先に塗った化粧水を再び塗るもし、これで皮脂分泌が抑えられて肌状態が良くなったら、インナードライ肌の可能性が高いので、お手入れを切り替えるようにしましょう。

また、その他にも美容オイルは頭皮マッサージにも使えます。 頭皮の乾燥や硬さが気になる時に取り入れてみてください。 シャンプー前に1回500円玉大を目安に使い2~3分オイルマッサージを行ったあと、シャンプーをしてください。 毛穴に詰まった汚れも浮かせるスカルプケアにもなるため、頭皮の匂いが気になっている方にもおすすめです。

さらに、 髪を乾かす時には毛先に塗ることでパサつきを抑え、洗い流さないトリートメント感覚でも使えます。

引用:賢く健康美肌になる方法

スポンサードリンク

【実は】オイル保湿で乾燥肌は治らない?!

肌に栄養を与えるとか、水分の蒸発を防いでくれるとか、乾燥肌に有効。。。

などオイルを使うにあたってのメリットはいろいろ言われているけど、実際に使ってみると逆効果になってしまうのはもしかしたらコレが原因かも!

【肌本来が持っている保湿成分が失われる説】

オイルってつまりは油。

油と水はなじまないけど油同士ならよくなじむ。

肌本来が持っている保湿成分というは細胞間脂質のことで、ついでに皮脂も分泌されてる肌の上にオイルを塗ることで、どんどんオイルが肌本来が持っている油を吸収していくのです。

するとメイクを落としたり洗顔するなどで肌についてるオイルを洗い流す時、肌本来の保湿成分もオイルと一緒に洗い流されてしまうことで肌の内側が乾燥し、

洗顔後のケアでオイルを塗ることでますます乾燥が進行してしまう。

【肌に合わないオイルを使ってる説】

肌とオイルとの相性があって、

オイルを使った後に乾燥が気になるのは肌と相性が良くないオイルをつかっているから。

そうすると毛穴は目立つし、肌なじみも悪くベタ付きがいつまでも続くなど、使用感があまりいいとは言えない結果になってしまうのだとか。

あと、動植物由来のオイルは肌なじみがいいけど、石油由来のオイルだと肌表面しか保湿しないうえ毛穴を塞いでしまうことで、肌の内側が潤くことなく乾燥が気になってしまうのだそうです。

【オイルの使い過ぎ説】

乾燥肌は水分が不足していることが多くて、いくら洗顔後とは言え肌内部の水分量が少ない状態に、オイルを適量以上の量使い過ぎると乾燥しやすくなるのだとか。

他にも言われているのは保湿のし過ぎですね。

いくつものアイテムを毎日朝晩、決められた量以上に重ね塗りしていると、

それは保湿のし過ぎで乾燥を改善するどころか肌を弱めてしまうことになるからNG!

まとめ

一見オイルは乾燥肌の味方に見えますが、使用方法を間違えると逆に悪化してしまうのですね・・!

まずは自分の肌タイプを理解し、自分に必要なスキンケアと必要のないスキンケアを見極めていくのが大事なんですね。

☆☆毛穴・保湿・スキンケア人気記事☆☆

クレンジングで毛穴の黒ずみをお手入れしよう!プチプラからデパコスまでおすすめクレンジング7選!

洗顔で毛穴の黒ずみを治そう!毛穴の開きには化粧水にもこだわって!

拭き取り化粧水は毎日使った方が効果がある?正しい使い方を紹介♪毛穴に効くおすすめ拭き取り化粧水ランキング!

インナードライを改善するスキンケア方法はこれだ!おすすめ化粧水を紹介♪

シートマスク・パックは毎日使った方が効果がある?正しい使い方や順番で美肌効果を目指そう!

HOMEへ戻る

スポンサードリンク